女性作業員

産廃は破砕しなければならない|リサイクルに至るまで

そのままでは処分できない

工場

細かく砕きリサイクル

いろいろな産業で排出された廃棄物は産廃場に持ち込まれて処分されることになります。これらの廃棄物はリサイクル法により、なるべくリユースするような方法で処分されていきます。産業廃棄物は大きなものから小さなものまであり大きな廃棄物は、小さく破砕してリサイクルに回されることになります。産業廃棄物場では大型の破砕機を使って廃棄物を小さくして再利用することに努めます。大きな木材は小さく粉砕して、肥料にしたりバイオマスの燃料にしたり、大きなプラスチック製品は細かく砕いて高温で焼却して油などの燃料を取ったり、アスファルトに混ぜて道路を造る製品になったりと、様々にリサイクルされていきます。産廃場では大型のクラッシャーと呼ばれる機械を導入して迅速に廃棄物の処分にあたっています。

大型の機械の導入

廃棄物の大きさによっては大変に大型のクラッシャーが必要になってくるときがあります。たとえば橋やトンネルを解体するときには大型のコンクリートのがれきが大量に排出されてきます。当然このコンクリートは鉄筋コンクリートなので、コンクリートの中には鉄筋が混ざっています。産廃場ではこの大型のコンクリートを破砕機を使用して細かく砕き、鉄筋とコンクリート片に分別していきます。大型の破砕機で砕かれたコンクリート片は、コンベアーに乗り人力によって鉄筋とコンクリートに分別されていきます。このように産廃場では大型のがれきも多く持ち込まれてきますので、それに対応ができるような大型の機械を導入してリサイクルができるように準備をしています。

サイトリンク集

  • 有限会社林製作所

    依頼するとその日から使用することが可能となっています。産廃の破砕が行なえる機械が使用したいと思っているならこちら!